5月 12日テストサーバー大侵攻アップデート案内 その1
●発売日カレンダー
・18年 7月 13日 [Switch] オクトパストラベラー
・18年 8月 2日 [3DS] 世界樹の迷宮X
・18年 8月 30日 [PS4] サイヴァリア デルタ
・18年 9月 27日 [PS4] 勇者ネプテューヌ
« アイオン大侵攻、装備進化とベリトラ大侵攻等、新規コンテンツ4種! | トップページ | 5月 12日テストサーバー大侵攻アップデート案内 その2 »

2014年5月12日

5月 12日テストサーバー大侵攻アップデート案内 その1[ AION - 4.7特集 ]  

こんにちは、アイオンの皆さん。

5月 12日テストサーバー大侵攻アップデート案内を差し上げます。

韓国公式





[環境]

1.ベールに包まれていた竜界の新しい地域が公開されます。


・カルドル

過去、第1 竜帝プレキオンは、イドの力を狙ってルーン族要塞地 「カルドル」 の地を踏んだ。
プレキオンが来ると、傲慢なルーン族総司令官アノハは、ルーン族の優越性だけを信じて、
保存しておいた大量のイドを、試験もせずに地下で爆破させた。
これは、他地域に影響を与えるほどの大爆発であり、この時プレキオンは傷を負った。
爆発を行ったルーン族も、予想を超えた爆発の影響により、自滅の糸を辿った。

その後、長い月日が経ったが、「カルドル」 は未だ燃えて、損傷している。
イドの爆発と、負傷を負ったプレキオンが噴いた火炎の息づかいのせいだ。


・ゲルハ

ゲルハは、インギスオンとゲルクマルスの間に位置したティアマトの昔の根拠地だ。
第5 竜帝ティアマトが竜帝になる前に使った根拠地として、結界に封印されていたが、
ティアマトが死亡した以後、ゲルハとバルナ次元研究所に対する情報を手に入れたベリトラは、
この地域を占領する為に、部隊を派遣した。

ベリトラ軍の動きにより、ゲルハの結界が崩れた事を悟った天族 / 魔族は、
一歩遅くゲルハに軍を派遣する。


2.種族と関係無く、サーバー間戦闘が可能な新しい地域が公開されます。

・パンゲア

パンゲアは、竜界にあった古代ルーン族の地だ。
長い間、地層に染みこんだイドゲルによって、地盤が弱くなった地が、
カルドルのイド大爆発の衝撃により、丸ごと引き破かれて他の次元へと吸い込まれた。

傲慢な古代ルーン族は、イドの力を合わせて更に力強くして所有しようと考えたが、
この時凝集する事が出来ずに流れ出たイドの力によってパンゲアの空間は拗れ、
大陸は徐々に崩れる様になったし、地層のイドゲルがオード化されながら、
崩れた大地と建物は、現在の形態へと落ち着く様になった。


 - パンゲアは、次の地域より入場が可能です。
 ※パンゲアが開かれる詳細日程は、追後公開される予定です。

  = 天族 : カイジネル テンペル訓練所 名誉の殿堂
  = 魔族 : マルクタン テンペル訓練所 名誉の会堂


 - 各サーバーのキャラクターは、一つのパンゲアに入場する様になって、
  特定領地に移動した後、パンゲア占領戦が開始されます。

 ※各領地別に総 4つの聖域で分類されており、始まる地点によって敵対関係が適用されます。
 ※他のサーバーの同一種族とも、戦闘が可能です。

 - パンゲアサーバー内で戦闘を行って、中央にある要塞を奪い返して、報酬を獲得出来ます。

 - 天族,魔族の入場条件は等しく、可能条件、及び、入場 NPC は以下の通りです。

 ・入場 NPC
  - 総司令官用 前進の回廊 : 各サーバー総司令官 : 1人
  - 武勲用 前進の回廊 : 各サーバー 1星将校以上 : 50人
  - 手柄用 前進の歩廊 : 各サーバー階級順位 100位以内キャラクター : 50人


3.パンゲアの要塞を占領した各陣営は、し烈な戦闘をする様になる地域、
  「アントリクシア覚醒地」 への道が開かれます。


・アントリクシア覚醒地

ベリトラ軍団が、パンゲア侵攻の回廊を通じて見つけた場所で、
こちらを占領する為に訪問した指揮官アントリクシアが、長い間累積した力強いイドを吸収し、
ドラゴンへと覚醒を始めた。
アントリクシアが覚醒を進行している中、ベリトラ軍団は部隊を追加で派遣して、
アントリクシアを保護、監察する一方、衝撃状態に陥っているアントリクシアを、
安全な場所へと移す準備を行っている。


 - 「アントリクシア覚醒地」 は、決められた時間の間、配置されたボスモンスター処置、及び、
  相手種族との勝負を競う地域です。


 - 入場レベル : 65 レベル
 - 入場人員 : 陣営別 100人(合計総 400人)先着順で入場可能
 - 入場方法 : パンゲア占領要塞の 「前進の回廊」 を通じて入場
 - 入場時間 : 毎週 日曜日 午後 11時 ~ 午前 12時 10分(70分間)
 - 入場条件 :
  パンゲア要塞を占領した陣営、「パンゲアの征服者」 タイトルを取得したキャラクター


4.ゲルハ地域で特定時間になれば、覚醒した代行者が出現します。

 - 毎月特定日付毎に、午後 11時、代行者転移侵攻が行われます。

 - 代行者を倒した種族が、中心基地を自動で占領する様になります。


5.カルドル地域アノハ要塞周辺に配置されているアノハの剣作動がして 30分後、
  バーサーク アノハ モンスターが召還されます。

 - モンスターを召還する為には、「アノハの封印石」 が必要です。

 - 「アノハの封印石」 は、アノハ要塞防衛を成功すれば、
  防衛を成功させたレギオン軍団長へと支給されるアイテムです。

 - アノハの封印石アイテムは、取得後 6日間 維持されます。


6.ゲルハ地域に配置されている古代召還石を作動すれば、モンスターが召還されます。

 - 古代召還石でモンスターを召還する為には、先祖の遺物アイテムが必要です。

 - 先祖の遺物アイテムは、ゲルハ地域基地争奪戦進行中に取得する事が出来ます。


7.サルファン地域の、一部地形を修正しました。


8.地下カタラムの、一部地形を修正しました。


9.ヨルムンガンドの橋の、一部地形を修正しました。


10.インタルディカの、一部地形を修正しました。



[基地争奪戦]

1.ゲルハ,カルドル地域に、基地争奪戦の為の基地を、新しく追加しました。


・カルドル地域基地争奪戦

 - 最初の北部前哨基地は魔族,南部前哨基地は天族が所有しています。

 - 基地内戦闘指揮官 NPC を倒した種族が、該当の基地を占領します。

 - 戦闘指揮官 NPC を攻撃する相手種族 NPC が出現したり、
  守ってくれる我軍 NPC が出現したりします。
 ※ただ、北部前哨基地が魔族,南部前哨基地が天族所有である時は出現しません。


・ゲルハ地域基地争奪戦

 - ゲルハ地域に、総13個の基地が配置されています。

 - 基地内戦闘指揮官 NPC を倒した種族が、該当の基地を占領します。

 - 基地を占領後、基地周辺に出現する相手種族支援軍 NPC を倒す場合、
  一定確率で 「血闘の証」,「古代コイン」 の様なアイテムを獲得する事が出来ます。



[インスタンスダンジョン]

・バルナ次元研究所

1.ゲルハに、新規インスタンスダンジョン 「バルナ次元研究所」 が姿を現します。

バルナ次元研究所は、ティアマトが次元移動技術を研究する為、
ゲルハに建設した竜族の極秘研究所だ。
ティアマトはここで安定的な次元移動技術を完成させたが、ティアマトの死後、
この技術を手に入れたベリトラが、パンゲアへと連結する次元移動技術を完成させる。


 - バルナ次元研究所 入場 NPC は、種族別にゲルハに配置されています。

 - 入場人員 : 1人
 - レベル : 65 レベル以上
 - 入場回数初期化時間 : 毎日午前 9時
 - 入場回数 : 1回


2.新規戦場インスタンスダンジョンである 「ルナトリウム」 を新しく追加しました。

・ルナトリウム

ルナトリウムは、ルーン族が余興の為、
イドに汚染した生命体の決闘を進行させた巨大な円型空間だ。

ベリトラ軍はイド汚染体を探す中で、ルナトリウム中にいる、
単純な汚染体以上の強い力を持った化け物を発見した。

ベリトラ軍を追う天族 / 魔族も、ルナトリウムとその中にいたイド汚染体を見つけて、
これがイド研究の重要な資料になる筈だと知る様になる。

この重要な資料を相手種族に渡す事が出来ないという天族 / 魔族により、
し烈だったルナトリウムの戦闘が再開される事となった。


 - 「ルナトリウム」 は、6 vs 6 パーティー形式において、
  制限時間 20分間の中で配置されたボスモンスター処置、及び、
  相手種族との勝負を競うインスタンスダンジョンです。

 - 入場レベル : 61 ~ 65 レベル
 - 入場タイプ : 新しいパーティー入場,クィックパーティー入場,団体入場
 - 入場人員 : 同一種族 最小 6人


 - 団体入場する場合、パーティーのレベル区間が該当しない時は、
  入場する事が出来ません。

 - 「ルナトリウム」 は、毎日決められた時間の中、1回 入場が可能です。

 - 入場条件 : 1回
 - 入場可能日時 : 毎日 午後 11時 ~ 午前 12時(60分間)

 - 入場可能な時間になれば、システムメッセージと共に、
  右側下端に入場ボタンが活性化されます。


3.一般インスタンスダンジョンに、強化された形態のインスタンスダンジョンを追加しました。

 - パーティー状態で入場する場合、入場 NPC 対話リストから選択して、進行が可能です。


 - 統合パーティーマッチを通じて入場する場合、
  募集文登録ウインドウのインスタンスゾーンリストから選択して、進行が可能です。


 - 強化インスタンスダンジョンと、既存一般インスタンスダンジョンの入場回数は、
  共有される事になります。


・勇士のルナディウム

勇士のルナディウムは、主神たちが天族 / 魔族主要ディーヴァたちの力を試す為に、
ルナディウムを基盤にして作り出したダンジョンで、既存のルナディウムの要素が、
より力強く再現されているダンジョンだ。
この試験をパスした者だけが、自分の能力を立証する証の中から、一つを得る事が出来る。

 - 勇士のルナディウム入場 NPC は、地下カタラムとカルドルに配置されています。

 - 人員 : 6人
 - レベル : 65 レベル以上
 - 入場回数初期化時間 : 毎週 水曜日 午前 9時
 - 入場回数 : 4回(共有)


・勇士のルーンの保護塔

勇士のルーンの保護塔は、主神たちが天族 / 魔族の主要ディーヴァたちの力を試す為に、
ルーンの保護塔を基盤にして作り出したダンジョンで、既存のルーンの保護塔の要素が、
より力強く再現されているダンジョンだ。
この試験をパスした者だけが、自分の能力を立証する証の中から、一つを得る事が出来る。

 - 勇士のルーンの保護塔 入場 NPC は、ゲルハ地域の二ヶ所に配置されています。

 - 人員 : 6人
 - レベル : 65 レベル以上
 - 入場回数初期化時間 : 毎週 水曜日 午前 9時
 - 入場回数 : 4回(共有)


4.一部インスタンスダンジョンを、入場アイテム無しに入場出来る様に変更しました。

 - 第81 基地に配置された特殊変換手柄官 NPC も、これ以上出現しない様に変更しました。

 - 対象ダンジョン
  = カタラマイズ,ルナディウム,機会のルナディウム


5.一部インスタンスダンジョンの入口を変更、及び、削除して、
  新規地域でも利用する事が出来る様に、追加しました。

 - 天族エルテネン地域で、「ノフサナ訓練所」 へと入場出来る NPC の位置を、
  空間移動 NPC 近くに変更しました。

 - 天族 / 魔族テオボモス秘密研究所,アドマ城砦に入場する事が出来る回廊の位置を、
  次の様に変更しました。

  ・天族
   - アドマ城塞,テオボモス秘密研究所 :
    = テオボモス メイファウリン アナンケ発掘場
  ・魔族
   - アドマ城塞,テオボモス秘密研究所 :
    = ブルストホーニン 峡谷の調査基地

 - カタラム地域に配置されていた一部入場 NPC 位置を変更、及び、追加しました。

 ・変更
  - サウロ軍需基地 入場 NPC :
   = ゲルハ
  - ルーンの保護塔,勇士のルーンの保護塔 入場 NPC :
   = ゲルハ

 ・魔族
  - ルナディウム,機会のルナディウム,勇士のルナディウム 入場 NPC :
   = 地下カタラム,カルドル
  - カタラマイズ 入場 NPC :
   = 地下カタラム,ゲルハ
  - ヨルムンガンドの橋,機会のヨルムンガンドの橋 :
   = 地下カタラム,南カタラム
  - ルーンの安息所 :
   = 地下カタラム,南カタラム



[ベリトラ大侵攻]

1.一部地域の特定時間になれば、難易度の高いベリトラ軍団モンスターが出現します。


・ベリトラの次元侵攻

ベリトラは、カタラムでイドとヒペリオンを見た後、
持続的にイドを使う大型機械兵器を研究して来た。研究は簡単では無かったが、
サウロ軍需基地でルーン族の古代兵器設計図と部品を見つけた為、
ベリトラはイド使用と大型機械兵器研究を完成させる事が出来た。

ベリトラはこの技術を活用して、ダイナトムに引き続き大型機械兵器軍団を作成、
幾つかの大侵攻動力装置として侵攻の回廊を開き、竜界とアビスは勿論、アトレイアまで、
全地域を侵攻しようと考えている。




 - 指定された日付の特定地域にて、午後 6時 ~ 午後 10時 に出現します。

 - 毎月 11日は、設定された全ての地域にて、午後 9時 に同時出現します。


2.各地域を襲ったベリトラ軍団モンスターを倒した場合、
  参加した寄与度によって、戦利品を獲得する事が出来ます。

 - 該当の戦利品は、他キャラクターがアイテムを拾っていても、
  手順と関係なくルーティングする事が可能です。



[要塞戦]

1.カルドル地域に、アノハ要塞を新しく追加しました。

 - 要塞戦に出現する守護神長の処置可否で、所有が決定されます。

 - 要塞周辺と、内部に設置されたキスクは、要塞戦開始後に全て削除されます。

 - 攻城 / 防衛に成功する場合、既存の要塞とは違ってタイトルが支給されて、
  要塞を占領したレギオン軍団長には、隠されたクエストを進行する事が出来る
  アイテムが支給されます。

 - 竜族所有状態で要塞戦時、強化効果が適用された守護神長が出現します。
  これを解除する為には、特定の条件が必要です。


2.累積占領限界機能を追加しました。

 - 天族、または、魔族が要塞を所有した状態で防衛に成功する場合、
  累積占領限界回数が上昇して、設定された累積占領限界回数に到逹する場合、
  次の要塞戦スタート 5分前には、竜族所有へと変更されます。

 - 該当の機能は、カルドルに配置されたアノハ要塞にだけ適用されます。


3.一部要塞の攻城 / 防衛成功時に支給される報酬を上向きしました。

要塞英雄長手柄長精鋭兵参戦兵
人員報酬人員報酬人員報酬人員報酬
神聖の要塞12セラミウム 430セラミウム 250セラミウム 1200セラミウム 1
インギスオン / ゲルクマルス
地域要塞
12セラミウム 340セラミウム 240セラミウム 1100セラミウム 1
ティアマランタ根源24ミスリル 216ミスリル 116プラチナ 124プラチナ 1
アングリー テグラク / ヘラナス15セラミウム 230セラミウム 245セラミウム 160セラミウム 1


4.エレシュランタの神聖の要塞、及び、インギスオン / ゲルクマロスに配置された要塞を、
  65 レベル基準で新しく変更しました。

 - 要塞に配置された警備兵 NPC のレベルを、50 レベル から 65 レベルに変更しました。

 - 要塞占領可能状態で出現する守護神長レベルを、50 レベル から 65 レベルに変更して、
  一部戦闘パターンを変更しました。

 - 要塞内に雑貨商人などの一般 NPC、及び、レギオン専用商人 NPC を追加配置しました。

 - 要塞占領可能状態では一部防衛兵器がこれ以上出現せずに、
  防御砲塔が出現する様に追加しました。

 - 要塞占領可能状態で出現する防御砲塔は、
  該当の要塞を占領したレギオン人員だけが搭乗可能であり、
  スキル使用時、特定のアイテムが必要です。


5.エレシュランタ深層に配置されたアーティファクトを、新しく変更しました。

 - アーティファクトに配置された警備兵 NPC のレベルを、50 レベル から 65 レベルに変更しました。

 - アーティファクト名と、スキル効果を変更しました。

 - アーティファクト発動する時に必要なアイテム、及び、必要数量を変更しました。


6.要塞占領回数が相対的に少ない種族には、
  要塞戦中に手助けとなる強化効果が追加される様にしました。

 - 要塞戦進行中の要塞内部、及び、周辺にいるキャラクターにだけ、
  関連強化効果が適用されます。

 - 占領回数の差が大きいほど、強化効果の能力値が上昇します。

 - 天族はカイジネルの加護,魔族はマルクタンの加護強化効果が適用されます。


 - 攻城 / 防衛可否に関係無く、相対的に占領回数が少ない種族に適用されます。

 - 該当の機能はエレシュランタ,北 / 南カタラム,カルドルに位置した要塞にだけ適用されます。


7.要塞戦時間を新しく追加、及び、変更しました。

時間
21:00 ~ 22:00-----アノハ要塞-
22:00 ~ 23:00シルス
バッセン
プラデス
クロタン
ラミレン
ドキサス
インギスオン
ゲルクマルス
シルス
バッセン
プラデス
クロタン
ラミレン
ドキサス
インギスオン
ゲルクマルス
神聖の要塞


8.一部要塞の要塞戦スタート後、終了までの維持時間を変更しました。

地域要塞名変更前変更後
エレシュランタ神聖の要塞55分50分
インギスオン古代龍の神殿
貧欲の祭壇
60分40分
ゲルクマルス赤い大地の神殿
ヴァーガヴァダム封印塔
60分40分
北カタラムシルス要塞60分40分
南カタラムバッセン要塞
プラデス要塞
60分40分



[アイテム]

1.装備進化機能を追加しました。

 - 装備進化 NPC を通じて、保有している装備アイテムと特定アイテムを組み合わせて、
  上位段階のアイテムへと進化させる機能です。

 - 進化されたアイテムは、既存アイテムの一部設定が維持されます。

項目詳細適用
調律状態能力値,最大強化レベル,追加魔石スロット維持
魔石強化状態主武器魔石,合成武器魔石維持
神石強化状態一般神石,幻影神石維持
強化石レベル強化数値、及び、能力値5 レベル低下して適用(※)


※例)+10 アイテムを進化する場合、5 レベル下落された +5 アイテムで適用

 - 進化は武器 / 防具中、一部アイテムだけ可能です。

 - 対象アイテムに適用されていた外見情報は維持されません。

 - アイテムツールチップに、装備進化関連情報を追加しました。
  = 進化可能属性の設定(進化可能なアイテムにだけ、該当の属性を適用)
  = 進化可能なアイテムの場合、結果アイテム、及び、進化材料アイテムの情報出力


 - 装備進化 NPC を、各種族の大都市に配置しました。


2.神石強化方式を変更しました。

 - 既存 : 神石強化 NPC を通じて神石強化
 - 変更 : 神石を直接使用(マウス右クリック等)で、武器を直接強化

 - 神石強化方式変更により、大都市に配置されていた神石強化 NPC は削除されました。


3.幻影神石を追加しました。

 - 幻影神石は、一般神石と違い、神石が発動される時に、
  低確率で神石が破壊されるという特徴があります。

 - 幻影神石破壊は 10分の猶予時間が適用されて、
  時間が全て経過した時、幻影神石は破壊されます。

 - ただ、破壊猶予時間が経つ間、次の様な行為を行った場合、
  残された猶予時間に関係無く、無条件幻影神石は破壊されます。
  = 武器装着解除,装着位置変更,武器転換等、武器の位置が変更される状況
  = キャラクター選択,ゲーム終了等、キャラクターの接続が終了する状況

 - 幻影神石は、各種族テンペル訓練所にある名誉の殿堂 / 名誉の会堂にて、
  購入する事が可能です。


4.職業間バランス補完の為、神石の発動効率を一部変更しました。


5.新規アビスアイテムを追加しました。

 - 各種族のテンペル訓練所にある名誉の殿堂 / 名誉の会堂にて購入可能です。

 - 一部アイテムは、アイテム進化を通じて獲得する事が出来ます。


6.アビスアイテム中、特務官 / 特電官の購買アビスポイントを下向き調整しました。


7.アビスアイテム中、特務官 / 特電官 / 特務官員の魔力付与費用を、下向き調整しました。


8.北カタラムに配置されている総司令官担当手柄官 NPC を削除しました。

 - 販売 NPC が除去されて、既存総司令官アビスアイテムはこれ以上販売しません。

 - 新規総司令官アイテムは、各種族テンペル訓練所にある、
  名誉の殿堂 / 名誉の会堂にて購入可能です。


9.ディーヴァのエッセンス精製器、及び、ディーヴァのエッセンスアイテムを追加しました。

 - ディーヴァのエッセンス精製器アイテムを使えば、
  65 レベルキャラクター経験値の 50% 減少させて、
  「ディーヴァのエッセンス」 1個 を得る事が出来ます。

 - 65 レベルだけ使用可能であり、65 レベル未満は使用不可能です。

 - 各大都市にいるディーヴァのエッセンス担当官から、一日 2個 だけ購入可能です。

 - 獲得したディーヴァのエッセンスは、装備進化材料を作る為の中間材料として使われます。

 - ディーヴァのエッセンス精製器、及び、装備進化に必要な霊石変換レシピの販売 NPC を、
  各大都市に追加しました。


10.新規製作レシピを追加しました。

 - ゲルハ地域の一部基地にて販売します。

  = 中心基地 : 特賞級ヨルムンガンド レシピ
  = 東 / 西補給基地 : 伝説名人のカタリウム レシピ


11.新規アイテム能力値を追加しました。

 - 能力値 : 神石発動抑制
 - 説明 : 相手の神石が、自分に発動される確率を抑制する能力値


12.新規アイテム属性を追加しました。

 - 属性 : レギオン内部外の取引不可
 - 説明 : 同じレギオン人員間 1:1 直接取引だけ可能(その他全ての取引は不可能)


13.新規ヒーロー等級古代魔石を追加しました。


14.ルーンの保護塔で獲得するミシック等級装備アイテムの獲得確率を、上向き調整しました。


15.一部インスタンスダンジョンのボスモンスターがドロップするアイテムの、
   ドロップ方式を変更しました。

 - ボスモンスターがドロップするアイテムのドロップ方式を、束ね型箱ドロップに変更しました。

 - ボスモンスターがドロップする装備アイテムがパーティードロップに変更されて、
  パーティー員全員が 1個ずつ獲得する事が出来ます。

 ※ただ、暗黒のポエタの軍団長アヌハルト,火炎の支配者タハバタ,
   ブレイズ マスター カリンティがドロップする武器アイテムは、既存と等しく、
  個別アイテムとしてドロップされます。

  = 炎の神殿 : 既存と等しく箱ドロップ
  = ドラウプニル洞窟,アドマ城砦,テオボモス秘密研究所,暗黒のポエタ :
    箱ドロップ方式に変更


16.50 レベル以下一部クエストの報酬装備アイテム能力値、及び、
   袋の構成を上向き調整しました。


17.一部製作アイテムの製作クリティカル確率を、小幅上向きしました。


18.新規手柄衣装 3種類を追加しました。

 - テンペル訓練所内にある名誉の殿堂 / 名誉の歩廊内にいる、
  将軍特殊用品担当手柄官が販売します。


19.マジックガン,マジックキャノン,ハープの、
   一部ユニーク等級アイテム外見を変更しました。



[NPC]

1.カルドル地域は、北カタラムとゲルハ地域から、空間移動にて移動が可能です。

 - 北カタラム :
  = ルビリン農場 ポブリン <株式会社移動ガイド>
  = サパリン農場 タルヌン <株式会社移動ガイド>

 - ゲルハ :
  = 北中継基地 : 前進の回廊
  = 南中継基地 : 前進の回廊
  = 中心基地 : 前進の回廊


2.ゲルハ地域は、北カタラムとインギスオン / ゲルクマルス地域から、
  空間移動にて移動が可能です。

 - 北カタラム :
  = 再建された光の塔,ルーンの神殿 : 空間移動 NPC
 - インギスオン :
  = 古代龍の神殿,貧欲の祭壇 : 竜界空間移動 NPC
 - ゲルクマルス :
  = 赤い大地の神殿,ヴァーガヴァダム封印塔 : 竜界空間移動 NPC


3.インギスオン,ゲルクマルス地域で、特定条件にて出現する、
  アングリー ヘラナス,アングリー テグラクのレベルを、65 レベルに変更しました。


4.ルナディウム,機会のルナディウム,ルーンの保護塔に配置されたボスモンスターの、
  一部戦闘パターンを変更して、能力値、及び、スキル攻撃力を下向きしました。


5.鉄壁の砦ボスモンスターである総指揮官バシットが、
  特定状況にて戦闘パターンを使わなかった現象を修正しました。


6.サウロ軍需基地ボスモンスターである近衛隊長アフラディムが、
  特定状況にてパターンを使わなかった現象を修正しました。


7.ルーンの保護塔に配置された一部モンスターを削除して、
  モンスター能力値を下向きしました。


8.ルナディウム / 機会のルナディウムに配置された
  アングリー ウィッチ グレンダルが使う 「恨みの獅子吼」 スキルの、エフェクトを変更しました。


9.一部宝箱を開いた後、素早く消えてしまう現象を修正しました。


10.一部 NPC アイテム整列機能が、正常に動作しなかった現象を修正しました。


11.北カタラムの一部 NPC 能力値を、変更しました。


12.「ヨルムンガンドの橋」 一部 NPC 能力値を、変更しました。



その2へ続く。

投稿者 (む) : 2014年5月12日 18:45

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :Anonymous(匿名による投稿): 2014年5月12日 23:26 ID: A5sFWeOk [RES]

衣装の将軍専用というのはやめてー
でも、キャノン、ハープ、マジックガンの形状差別化はありがとうございます。
見た目は大事だからね。


2 :Anonymous(匿名による投稿): 2014年5月13日 00:53 ID: wWTZUG2s [RES]

これが日本でアップデートされるのはいつなんでしょうかねぇ
4.5が来てもう5か月もたちます
せめて夏ぐらいにはやってもらわないと人みんないなくなってしまいます


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る