[2.0] 標準装備なるか?易しくなった 50 ディーヴァニオン
●発売日カレンダー
・18年 7月 13日 [Switch] オクトパストラベラー
・18年 8月 2日 [3DS] 世界樹の迷宮X
・18年 8月 30日 [PS4] サイヴァリア デルタ
・18年 9月 27日 [PS4] 勇者ネプテューヌ
« [2.0] まだいる!レベル 57レイドボス 「鋭敏なパドマシャ」 | トップページ | 月刊WindowsUPDATE 5月号 »

2010年5月 9日

[2.0] 標準装備なるか?易しくなった 50 ディーヴァニオン[ AION - 2.0特集 ]  

ID,製作,アビス,クエスト等、多くの方法があるが、その中でも
一番普遍的に手を伸ばす事が出来るのはクエストであり、
その中でも 50 レベルユニーク等級防具と武器をセットで得る事が
出来るディーヴァニオンクエストは一番近いものだろう。

しかし、製作コンボをパスしなければならない 4次クエストと、
正に運と粘りを持てばこそパスする事が出来る 5次クエスト等、
難易度の高い課題が列を成しており、決して易しく無いと評価を
受けたディーヴァニオンクエスト。

2.0 を通じて再び変化を経験し、まだ難易度調節を行っている
ディーヴァニオンクエストの変化を観察してみた。

ゲーム朝鮮





●ディーヴァニオン クエスト変遷史!

テストサーバーに 2.0 アップデート情報まで公開された今のアイオンは、
ユニークアイテムの洪水と言っても過言では無い位に多くの種類のユニークアイテムが登場した。
アイテムの性能も、獲得経路も多様化され、プレイ性向に当たる様に、
キャラクターを強化する事が出来る様になったのだ。


●1.最初のディーヴァニオンの歴史!50 レベルキャラクターを 5個?

1.1 アップデートと共に初めて登場したディーヴァニオン クエストは、
それぞれ 30 レベルと 50 レベルクエストとして登場した。
今は独特な外見のアイテムが多くなったが、当時登場したディーヴァニオン防具の外見は
単純戦闘目的の防具と違い、ドレス風の美麗な外見を持っていた為、1次的な人目を引いた。


当時画期的なデザインで登場したディーヴァニオン セット

当時 30 ディーヴァニオン防具は生まれながらに移動速度と攻撃速度にペナルティーを受けており、
ベスト防具としての意味は少なかった。
これを選ぶユーザー達は第一に外見だったし、30 レベルのキャラクターさえあれば、
手軽くレジェンド級防具の一部を得て、回して使う事が出来る事が主なメリットになった。

最初に登場した 50 ディーヴァニオンは、今の 30 ディーヴァニオンと同じく、
50 レベルキャラクターを育てて得る形式だった。
進行しなければならない当時のクエストは、やはりユーザー達が殺到して、
クエスト進行が大変な位だった。

当時各掲示板には、全キャラクター生成、及び、育成を強要するディーヴァニオンクエストに対して、
反発が荒々しく起こったし、とある理由で圧倒的な性能を見せた 50 ディーヴァニオンクエストは、
テストサーバーから一時的に削除される事で実際の登場は約束無しに持ち越された。

クエストは削除されたが、50 ディーヴァニオン クエストに使われるクエストアイテムはそのまま残り、
今一度登場する期待感は消えなかった。


●2.新しく変化した 50 ディーヴァニオンクエスト!

50 ディーバニオンが再度登場したのは、それから半年余暇去る 1.5 竜族の影の時だった。
最終ファイナルミッションをクリアした後でこそ登場する 50 ディーヴァニオンクエストは、
クエストをもっては事実上、1.5 の最後を話すコンセプトを持って登場した。

50 ディーヴァニオンクエストは、アップデート後一週間で全セット達成者が出る等、
ユーザー達の関心度が高かったが、最高性能のアイテムに対する関心は、
結局 「煮えたぎる竜族の血痕」 等、特定アイテム価格暴騰を引き起こしたし、
これは他の製作アイテムにもこの上なく大きな影響を及ぼした。


アップデート前の熱い魔力の心臓の材料

製作コンボを浮かべなければならない 4次と、特定時間帯ランダムで沸く 5次クエスト等、
決して易しくない難易度として、ユーザー達の前に立ちはだかった。


●3.クエスト難易度調整のスタート!

4次と 5次クエストの難易度問題が浮き上がった中、ディーヴァニオンクエスト進行に必要な
商店アイテムの購入価格が半分水準に落ち、各種族勲章集めクエストアイテムドロップ確率が
下向き調整されたり、対話クエストの対象 NPC の体力が上向きされたり、
NPC が攻撃不可になる等、多くの細々しい調整は成り立ったが、
ユーザー達が難しさを訴える部分とは違う部分が修正され、大きな調整になる事は出来なかった。

本格的な変化に起きたのは、4次製作クエストの難易度調節だった。
当時価格暴騰により、高い価格を維持した 「煮えたぎる竜族の血痕」 による
1回クエスト進行費用が高くなって多くの問題となった。

「熱い魔力の心臓」 製作コンボ失敗時に出る 「魔力の心臓」 をリサイクルする事が出来る
繰り返しクエストが追加される事で、引き続いた失敗に機会を付与し、付加的な難易度調節を実施した。

5次採集クエストの場合、アップデート以後完了した人が競争から抜けていき、
より多い沸き地域が公開され、自主的な緩和の道を歩いた。


●4.1.9 ディーヴァ全て集結!アイオンの変化と共に1ディーバニオン!

1.9 アップデートでのディーヴァニオンクエスト関連変更点は、
煮えたぎる竜族の血痕必要個数が 125個 から 100個 に変更されたという部分だけだが、
ゲーム全体的な変化がディーヴァニオンにも影響を及ぼした。

竜族材料のドロップテーブルが変更され、レベルが低い竜族モンスターが上位竜族材料をドロップし、
全体的な価格調整が成り立ち、4次製作クエストの難易度が大幅に緩和された。
そして、この様な変化は、ただ 1.9 でのみ終わるのでは無かった。


45 レベル竜族からも血痕がドロップし供給量が増加した!


●5.2.0 竜系進撃!4次と 5次,一回で打ち抜く!

2.0 アップデートがテストサーバーで成り立ち、天界と魔界,アビスに引き続き、
新しい地域 「竜界」 が登場した。
竜界は名前に相応しく、竜界のあちこちにには竜族モンスターたちがフィールドに登場し、
以前よりも血痕を求める事が出来るルートが増えた。


竜界のあちこちで登場する竜族モンスターたち!

また、5次採集クエストが特定時間帯ランダム沸き方式から、特定採集物採集時、
一定確率でドロップになる様に変更され、該当のクエストの難易度調節が成り立った。

まだまだテストサーバーにだけ適用された状態で、既存の方式の方が楽だと言うユーザーと、
新しく変わった方式の方が易しいと言うユーザーに分けられる事が出来るが、
幸運の光 / 涙を取引する風潮が生ずる等、ディーヴァニオン クエストの一番核心になる関門が
大きな変化を経験している実情だ。


●上位ディーヴァニオン アイテムは登場するのか?

本文の通り、ディーヴァニオン クエストは持続的なアップデートを通じて、細々しい調整を経て、
すっかりその姿が変化したりする等、アイオンの変化に小さく大きい影響を受けて来た。

2.0 アップデートと共に、レベル制限が 55 レベルに上向き調整され、
これによって多くの種類のアイテムが新しく登場し、 50 レベル台の装備である
ディーヴァニオン セットの効率は、以前より低くなった。

また、55 アビスアイテムと、上位フィールド、及び、ID ドロップアイテム、製作アイテム等、
更に力強いオプションのアイテムが登場し、もっと強くなろうとするユーザー達の欲求を満たしている。


2.0 ではより素敵な外見,高級オプションのアイテムが登場している!


しかし、皆が気になっている事は、直ぐ上位レベルのディーヴァニオン セットが登場するのでは無いかと言う部分だ。
製作,アビス,ドロップアイテム,繰り返しクエストを通じて、他の等級の新規ユニーク等級の装備が
姿を見せているが、ディーヴァニオン等級のアイテムだけは登場していない。

現在をもっては、まだその情報は分からないが、何時かとても素敵な外見で、
もっと力強くなったオプションを持った、新規セットアイテムの命脈を引き続く事を期待している。

投稿者 (む) : 2010年5月 9日 20:24

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る