変わった激戦地 ドレドギオン,RvR の中心に
●発売日カレンダー
・18年 7月 13日 [Switch] オクトパストラベラー
・18年 8月 2日 [3DS] 世界樹の迷宮X
・18年 8月 30日 [PS4] サイヴァリア デルタ
・18年 9月 27日 [PS4] 勇者ネプテューヌ
« 3月 17日アップデート案内 | トップページ | 1.9 ディーヴァ全て集結 クライアント事前分割アップデート案内 »

2010年3月17日

変わった激戦地 ドレドギオン,RvR の中心に[ AION - 1.9特集 ]  

RvR ダンジョンである 「激戦地ドレドギオン」 はオープン初期は
多くの人気を呼んだが、今は一部ユーザー達だけ参加する
「彼らだけのリーグ」 になってしまった。

チーム間の水準差が酷い場合、一方的な戦闘が起こり、
RvR を楽しみにくく、他のコンテンツに比べても時間辺りの報償が
弱いからだ。

しかし、1.9 アップデートを通じて、「激戦地 - ドレドギオン」 の
ダンジョン構造に少し変化が生じ、アビスポイント報償の上向きと
手柄勲章を得る事が出来る繰り返しクエストが追加された。

変わったドレドギオンが RvR を楽しむユーザー達がよく尋ねる
戦闘の名所になる事が出来るのか調べてみよう。

PlayForum





●方法は NO,戦闘は YES

重力制御室に入る入口に防御幕が追加され、以前の様に入場するや否やモンスターを引っ張り、
相手を全滅させる MPK が不可能になった。
また、降下控え室入口の防御幕の HP が大幅に増加して、
敵種族と初戦闘をするまでの時間が増加した。

全てのモンスターが上級ハイドを感知する様になり、移動速度が増加したし、
スルカナ周辺モンスターの能力値も上向きされた。
以前の様にシャドウウィングだけで成り立った別動隊を構成して、
スルカナのみを破壊する戦略を駆使する事は出来なくなった。

MPK と一緒にドレドギオン戦闘をつまらなくした戦略で、艦長ダッシュがあった。
艦長を片付ければ戦闘が終わるドレドギオンのシステムを利用して、
戦闘スタートと同時に艦長室まで駆け付けた後、艦長を片付けてダンジョンを終わらせる方法だった。
しかし、種族に関わらず 5個のスルカナが破壊されると艦長が登場するように変更された為、
艦長直ダッシュは事実上不可能になった。

今まで問題点として指摘されて来た MPK と、艦長直ダッシュ、
そしてハイド組のスルカナが構造的に大変に変更され、チーム戦力が劣勢の場合、
戦闘初盤から相手種族の牽制に苦しんで、アビスポイントも殆ど得る事が出来ないまま、
ダンジョンを終える事は減る様になった。

ただ、相手種族との戦闘スタートが長くなる事により、ドレドギオンの長所中の一つだった、
絶えず起こる早い展開の戦闘」 は経験する事が少し大変になった。
ダンジョンを半分近く攻略した後から本当の戦闘が始まる様になるからだ。


●惜しい繰り返しクエスト

繰り返しクエストの報償として、金勲章や銀勲章を与えるという消息と要塞戦の変化によって、
ライブサーバーでは勲章の価格が暴落している。
しかし、ドレドギオン繰り返しクエストを良く見てみれば、実際はあまり甘くない。

「金勲章クエスト」 は副官,大将,監査官,補給官を片付けて、
副官の印章 6個,大将の印章 6個,監査官の日誌 1個,補給官の委任状 1個を得なければならない。

副官と大将はスルカナを守るモンスターを片付けていると自然に進行されるが、
要求するクエストアイテムの個数がネームドの数より多く、一度で完了する事は不可能で、
監査官と補給官は確率的に登場するネームドの為、クエストアイテムを得るのがもっと難しい。

「銀勲章クエスト」 は、相手種族の回復職と、竜族の治癒系列を倒さなければならない。
竜族の治癒系列は個体数が多くないが、何回か戦闘に参加すれば完了する事が出来る。

問題は、クエスト内容の相手治癒の処置が難しいと言う事にある。
相手チームのチャントウィングや、キュアウィングを片付ければ良いのだが、
劣勢の場合、キュアウィングを片付ける前に全滅する場合がよく発生し、
衝撃解除スキルもある為、治癒職業を優先しても易しく倒せない。

毎度戦闘で勝利して圧倒的な点数差を見せ、大部分のスルカナを破壊したにも関わらず、
クエストは完了する事が出来なかった。
10倍に近い点数差を出しながら進行したクエストの結果は次の様だ。


1回のドレドギオンで遂行出来たクエスト進捗具合

また、副官と大将,補給官はマップの構造上、最小 1匹ずつは捕る事が出来るが、
監査官はダンジョンの後半部である司令室で確率的に登場する為、
劣勢であるチームは処置が易しく無い。

新しく追加された一日クエストは、難易度が低く、少しの努力で毎日報償を得られるのに比べて、
ドレドギオンは、構造に変化を与えて戦力差が出てもある程度戦闘を楽しめる様に気配りしたのに、
クエストの内容はそれに相反する内容の為、少し惜しい。


●減った戦闘時間と報償の上向き

プレイ時間が 1時間 から 40分 に変更され、勝敗による報償アビスポイントは上向きされた。
特に、戦闘で敗れても得る事が出来る最小アビスポイントの報償が 2,500 AP に上昇した為、
必ず勝つ事が出来ないとしても、入場時間になれば、ドレドギオンを申し込むユーザー達が
増える見込みだ。

  - 勝利時 : 既存 3000 AP / 変更後 4500 AP
  - 敗北時 : 既存 1500 AP / 変更後 2500 AP
  - 引き分け : 既存 2000 AP / 変更後 3000 AP

また、一定確率で現れるネームドモンスターの登場確率と、アイテムドロップ率が上向きされた。
行政官カラナティ」 の場合、レジェンド等級ネックレスとオプションが良いユニークベルトを与える為、
かつてから人気があったが、登場確率が低く、相手種族を追い抜いて先に片付けなければならない困難があり、
求めるのが大変だった。

しかし、カラナティが登場する重力制御室に防御幕が追加され、
この地域を攻略せずに直ぐ次の地域に移動するチームが増えている成り行きで、
ネームドモンスターの出現確率も増加した為、
以前よりアイテムを得る事が出来る確率が上昇した。


●ドレドギオンの復活を夢見て

MPK,艦長直ダッシュ等の方法を拒むパッチが成り立って、空しくダンジョンを終える事が消え、
新規スキルである衝撃解除スキルのお陰で戦闘パターンも、もっと盛り沢山になった。
完了する事が気難しい繰り返しクエストが少し惜しくはあるが、
瞬間移動装置等を利用した戦略を良く活用すれば、クエスト完了も不可能では無い。

地上型アビスが追加される 2.0 アップデート前の RvR に対する喉の渇きを、
1.9 アップデートの変化したドレドギオンが満たしてくれる事が出来るか、期待して見る。

投稿者 (む) : 2010年3月17日 21:46

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る