韓国、アイオン 6.0 RE:FLY アップデート事前報告 フィールド便
●他サイトヘッドライン
« 新年のご挨拶 | トップページ | 韓国、アイオン 6.0 RE:FLY アップデート事前報告 ライブ,マスター両サーバーと魔石 »

2018年1月 4日

韓国、アイオン 6.0 RE:FLY アップデート事前報告 フィールド便[ AION - 6.0特集 ]

アイオンの皆さん、こんにちは。

一年が終わり、いつの間にか新年が始まりました。
今年もアイオンと共に、もっと楽しい一年になって欲しいと願います。
常に元気で新年の福をたくさん受けて下さい。

去るアップデート消息で案内差し上げた 「成長便」 に対して、
多くの関心と意見を送って下さった部分に、感謝致します。

今回の消息では、以前に公開した 「ラクルム」 を含めた、
フィールドに関する消息をお伝えします。

韓国公式





RE:FLY アップデート後、フィールドは 「天族 / 魔族専用地域 4つ」 と、
「共用フィールド 1つ」 となって、アイオンのフィールドは改変されます。

また、既存フィールドでは導線などが新しく作り直されて、
新規フィールドも登場する様になります。

成長と戦闘の楽しさが溢れるフィールドに対して、もう少し詳細にお伝えします。



●その1.種族別 4つのフィールドへ改変。そして新規フィールド追加

以前の成長便でも案内を差し上げた様に、アイオンのフィールドは大幅に改変されます。
多くの地域に分けられていた所々が、種族毎 4つのフィールドに簡素化されて、
天族と魔族が共に使用する、共用フィールドが追加されます。

今回のフィールド改変は、ライブサーバーとマスターサーバー、両方に等しく適用される部分であり、
今までマスターサーバーのインギスオンとゲルクマルスで進行された基地戦,レイドなどのコンテンツは、
ラクルムにて楽しむ事ができる様になります。

各地域のレベル区間は、次の通りです。

 - 1 ~ 10 レベル : ポエタ / イスハルゲン
 - 11 ~ 40 レベル : インタルディカ / ベルスラン
 - 41 ~ 55 レベル : インギスオン / ゲルクマルス
 - 56 ~ 75 レベル : シグニア / エンシャル
 - 76 ~ 80 レベル : ラクルム

※マスターサーバーの環境変化に対しては、1月 5日(金)の追加公知を通じて、
 詳細な案内をさせて頂く予定です。


既存フィールドの不便な動線は、成長動線に合わせて改変される様に改変されて、
クエストを受諾して遂行した後、次の地域に移動した後で完了する形態となり、
便宜性が高まりました。

クエストに沿って移動していけば、該当の地域をあちこち順に移動する様になり、
捨てられる空間が無くなる様、調整を行いました。



●その2.新コンテンツの中心に立つ新規共用フィールド 「ラクルム」

76 レベルから活動する様になる 「ラクルム」 では、最高レベルまでの成長は勿論、
レイド,基地戦などのコンテンツを楽しむ事ができます。

今回の新規フィールドは、天族と魔族が共に使う共用フィールドであり、
基地を中心に発生する小規模戦闘の楽しさと、ドキドキのプレゼントを差し上げられる様、
準備を行いました。

ラクルムの彼方此方にはアーティファクト、及び、基地が分布されており、
該当の基地占領時、クエストを遂行する事ができる様になります。

クエスト報酬を一定個数以上収集すれば、
新規強化石と、新規等級の装備を購買する事が可能です。

基地戦の方式は、現在のアステーラとノスフォルドに配置された基地戦と等しい方式で進行されて、
占領した基地数に応じて、追加報酬を獲得する事ができるなど、新規要素を用意しています。


天族が占領した状態のラクルム基地


各種族別に拠点から主要拠点まで、そして、基地間の瞬間移動装置を配置して、
フィールド移動の便宜性も高めました。

基地間移動が早くなるだけに、戦闘が発生している基地に、素早く合流する事ができます。
また、風の道や間欠泉など、移動の手助けとなる要素が彼方此方に配置されており、
便利な移動を支援するだけで無く、戦闘時にも有用に活用する事が可能です。



●その3.ラクルムで開かれるレイドと、要塞占領戦

ラクルムでは、毎日、或いは、毎週、フィールドに特別なモンスターが出現します。
これらはエレスギガル軍団所属の軍団長で、要塞周辺を見回るモンスターです。

毎日 3回 に渡って出現するネームドモンスターは、6人で攻略が可能であり、
毎週 2回 出現するネームドモンスターは、48人で攻略する事ができます。

ネームドモンスターは、ラクルムの彼方此方で出現する様になって、
新規魔石やPvE 強化石、スティグマ強化石などをドロップします。

パーティー員同士、或いは、フォース員らと共に、新しいレイドに挑戦してみて下さい。


フィールドを支配するレイドモンスター


ラクルム地域の一番奥の方に位置した要塞では、
火曜日,木曜日,土曜日 の 午後 10時 に、要塞戦が進行されます。

新規要塞は、両側の城門を破壊して、内部の守護神長を先に倒した種族が勝利する様になります。
要塞占領種族は、次の要塞戦時に初期化されない為、
最初の要塞戦の後からは、攻守戦形態が進行される様になります。

要塞戦に参加すると、PvP アイテム昇給材料が支給されて、
ランダムな等級の PvP 強化石に名誉ポイント,アビスポイントを獲得可能です。

報酬アイテムは、貢献度によってそれぞれ個数と点数が変化するので、
ディーヴァの皆さんの積極的な参加をお願い致します。


アビスの深層要塞戦は、毎週 日曜日 午後 10時 から進行されて、
ラクルムの各種族別拠点に配置された、専用の入口を利用して移動が可能です。

ただ、深層要塞戦は既存と等しく、防衛は進行されません。

ラクルム要塞戦と同じく、貢献度によって PvP アイテム昇給材料と強化石の包み、
究極装備の製作材料、そして、名誉ポイントとアビスポイントが支給されます。



・Q.戦場はどうなるのですか?

円滑なマッチングと進行の為に、既存戦場は主に使われていた戦場を中心に、
改変が行われます。

RE:FLY アップデート後は、
ドレドギオン,ルナトリウム,ヌバラム峡谷 の 3つが、運営される予定です。

また、闘技場の場合、
孤独の闘技場,協力の闘技場,黄金の闘技場 の 3つが、運営される予定です。

この他の戦場、及び、闘技場,修練場は使われなくなる予定の為、
この点は我慢して頂けます様、お願い致します。



●その4.改変されるインスタンスダンジョンと、新しい挑戦の場となる 「プロメトン工房」

マナカルナ,神聖の塔,知識の庭園,ミラシュ聖域,ナラクカーリーは、
入口がラクルムに移動して、新規インスタンスダンジョン 「プロメトン工房」 が新たに追加されます。

挑戦の塔は、総 20階のタイムアタック型へと変更されて、
高い階層に行くほど、より一層難易度が高くなる形態へと変更されて、
ディーヴァの皆さんの優れた実力を、遺憾無く発揮できる様になります。

新規ダンジョン 「プロメトン工房」 は、パーティー型インスタンスダンジョンで、
今までベールに隠されていたブリキダが、その姿を現します。

力強い氷の矢を使うブリギダと相対する為には、
何時よりもパーティー員間の協力と、疎通が重要となるでしょう。


なお、鉄壁の砦,カタラマイズ,知識の書庫など、
ラクルムに移動されない 65 レベル以上のダンジョンは、削除される様になります。

そして、マナカルナは既存よりも、もっと力強くなった姿でお披露目する予定であり、
知識の庭園は 3人 へ、ナラクカーリーは 6人 へと、攻略人員が変更されます。


新規ダンジョンの最終ネームド ブリキダ



レベル拡張と、新規フィールド追加を通じて、より一層楽しいコンテンツを提供できる様、
多様な部分に変化を与えて、新しい挑戦を準備しています。
ディーヴァの皆さんが、準備したコンテンツを面白く楽しんで頂ければと思う次第です。

不足な部分に対しては更に沢山準備して、
送って下さる意見に聞き入りながら、続けて修正をしていく様にします。


次の消息では、多くの方が気に掛けている 「スキル」 に対して、案内させて頂く予定です。

ありがとうございます。

投稿者 (む) : 2018年1月 4日 19:39

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る