パーティー内の立場が揺れる 「ボウウイング」、弓放棄まで強要受けて
●他サイトヘッドライン
« 4月 22日マスターサーバーアップデート案内 | トップページ | アイオンの 「炎の精霊」 NCsoft 新作 MXM キャラクターとして登場 »

2015年4月25日

パーティー内の立場が揺れる 「ボウウイング」、弓放棄まで強要受けて[ AION - 4.8特集 , AION - 海外情報 ]  

●ボウウイング、ソロは問題ないがパーティープレイはダメ?

ボウウイングはストライダーから転職する事が出来る 2次職業で、
遠距離武器の 「弓」 を活用した遠距離攻撃と、「罠」 を設置して
相手に失明や鈍化等の状態異常を掛ける事に特化されている。

遠距離戦闘特化だけで無く、相手(敵)に短時間力強い物理ダメージを
与えて相手を圧するボウウイングの戦闘スタイルは、アイオン特有の
飛行戦闘環境では大きな強点として作用して、アイオン初期から
PvP 戦闘にて頭角を見せていた。

その力は、「アビス爆撃機」 と呼ばれた 「スペルウイング」 や
「スピリットウイング」 をも圧する程だ。

しかし、この様なボウウイングが持つ特徴の裏面には、
常に長いスキルクールタイムと、MP 消耗が大きいという短所の為、
持続的なダメージディーリング能力が不足しており、
これは PvE 戦闘状況、特にパーティー狩りで悪影響を与えた。

ゲーム朝鮮





ボウウイングは短時間に力強い火力を吹き出す代わり、
この様な火力を長続きさせる能力が不足しており、パーティープレイ、
特に HP が多いヒーロー,レジェンド等級モンスターに対して、脆弱な姿を見せた。

この様なボウウイングの脆弱性は、時間が経ちながら益々注目されている。
大規模アップデート毎に追加された新規インスタンスダンジョンに登場するモンスターは、
HP がどんどん増加していったからだ。
また、ボウウイングは火力不足だけで無く、防御力も弱いという問題点を見せた。



●遠距離ダメージディーラーの役割が縮小、そしてボウウイングという職

ボウウイングは攻撃と防御、両方で脆弱な姿を見せたが、
それなのにパーティー狩りにずっと参加する事が出来た理由は、
主要ダンジョン毎に 「遠距離ダメージディーラー」 が有利な区間があったからだ。

ユーザー達は安定的な攻略の為にもボウウイングの参加が必要だったし、
ボウウイングがパーティーから疎外される現象は珍しかった。


しかし、新世界アップデートで状況は 180度 変化した。
新世界アップデートの主要ダンジョンでは、近距離ダメージディーラーの役割が強化されたが、
遠距離ダメージディーラーの役割は縮小されたのだ。

主要ダンジョンでの長所を失ったボウウイングは、
ソードウイングとシャドウウイング等と競争する状況に置かれて、
攻撃と防御、両方で脆弱なボウウイングは、競争力を失っていった。

ここに弓目的のソードウイングとボウウイングが加勢しながら、
ボウウイングの立地は益々縮小されて、とうとう自分たちの主武器である弓すら
放棄を強いられる状況に置かれた。



●弱くなった立場と外部要因

アップデートでフォースダンジョンが増加し、近距離ダメージディーラーの役割が強化されながら、
ソードウイングとシャドウウイングの比重は増加された。
そんな中、人々は自分たちの主武器以外にも、補助武器のソードと弓の獲得権を願い始めた。

彼らはシールドウイングにグレートソードを渡してソードを得る事を行ったが、
立場が弱くなったボウウイングは、フォース参加の条件として、弓を諦める事を強要、
炎上する論議が発生した。

弓を願うソードウイングとシャドウウイングにも明確な理由がある。
彼らにとって弓は、自分たちの脆弱な遠距離攻撃能力を補う必須補助武器なのだ。
彼らが弓を願う事は、あまりにも当たり前の現象だ。
アイオンがスタートした 6年前から見えていた姿であり、
最近ボウウイングの立場が揺れながら、彼らの意見に力が積まれただけなのだ。

フォースの立場でも、職業構成が自由なのであれば、
戦闘効率がもっとも高いフォース構成を組みたいと思っているし、
また、ドロップアイテムの分配まで考慮する時、フォースで立場が弱いボウウイングよりは、
立場が強い大きいソードウイングとシャドウウイングの意見を反映するしかない。

狩りで長所を失ったボウウイングは短所だけ残り、立場は益々縮小されていって、
ここに職業利害関係が成立されながら、結果ボウウイングが疎外される現象が作成された。


ゲームを楽しむユーザーなら、誰も自分の職業が疎外される現象は嬉しくないだろう。
まして、主武器放棄を強いられる今のボウウイングの状況に向い合った時、
感じる違和感は相当のものになると考えられる。

この様な現象は確実に正しい事では無い。ボウウイングだけの出来事では無く、
他職業でもアップデートの影響によって、何時でも経験する可能性があるからだ。


アイオンユーザーなら、特定職業が疎外される現象に対して、
常に警戒しなければならないでしょう。
また、ゲーム会社は疎外される職業をケアする義務を忘れてはならない。

パーティーやフォース構成で、ボウウイングが花咲く要素では無かったとしても、
ボウウイングが参加した時、ボウウイングの持った特徴が、ダンジョン攻略で有利になる等、
明らかな長所を用意しなければならない。


既にボウウイングの疎外現象は始まっている。
公式ホームページのボウウイング掲示板では、ボウウイングがフォース募集に申し込んだが、
「申し訳ありません。ボウの席は無いです」 という返事が帰って来たという掲示物が掲載されており、
悲しさを物語っている。
多くのボウウイング ユーザー達が該当の事情に対して深い共感を示して、
ボウウイングの立場に変化が尋ねて来て欲しいという意見を残した。

投稿者 (む) : 2015年4月25日 21:24

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年4月26日 10:52 ID: 3qLc.i.c [RES]

その昔のチャントだな。
いいんじゃね?
今まで優遇されてきたんだから。
そのうち改善されるだろう。


2 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年4月26日 12:32 ID: vzkYT6fg [RES]

PVP最強職だしね
別にこういう部分は他職にもある


3 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年4月26日 17:24 ID: 9JEcVrJI [RES]

敵地に目的のIDがある場合、PV用スティグマに制限されてしまう。狩り用のスティグマ設定で行けるのなら、ダメージスキルやCT/MPもさほど気にならないんじゃないか?


4 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年4月26日 18:07 ID: A4251rNQ [RES]

さすがにボウに弓放棄を要求するとか有り得ないだろ

昔と違って武器の選択肢なんてたくさんあるし
剣影の弓ペチ性能なんてそこまでシビアに求められない


5 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年4月26日 18:38 ID: znRy1.YE [RES]

こういうのはボウだけじゃないし、ボウはPV強いんだからええやん


6 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年4月27日 15:43 ID: gT/iyGhE [RES]

パーティーにボウがいるのに弓を持っていくソードとシャドウいるよねー
ボウがダガーとソードをダイス振ったら発狂するくせにさー
各職装備できるのは盾を除く2種類までにしろよと思う


7 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年5月 5日 10:23 ID: LjaOnIIk [RES]

スペルよりましじゃねーの
マナカナ覚醒に行けるスペルはHPとMP回復の関係で現状全身プログレ必須じゃん
それに比べたら全然ぬるいだろ


8 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年5月 5日 10:24 ID: LjaOnIIk [RES]

スペルよりましじゃねーの
マナカナ覚醒に行けるスペルはHPとMP回復の関係で現状全身プログレ必須じゃん
それに比べたら全然ぬるいだろ


9 :Anonymous(匿名による投稿): 2015年5月 9日 12:04 ID: eJ7CcGr2 [RES]

おいおい
プログレないと覚醒に行けないカスペル基準にすんなよ


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る