大侵攻、強化インスタンスダンジョン 「勇士のルナディウム」 攻略
●他サイトヘッドライン
« 大侵攻、新規ミシック等級 「胎動するアントリクシアセット」 | トップページ | 大侵攻、上位アイテムに変換!「装備進化」 システム »

2014年5月20日

大侵攻、強化インスタンスダンジョン 「勇士のルナディウム」 攻略[ AION - 4.7特集 ]  

アイオンは、大侵攻アップデートを通じて、既存インスタンスダンジョン
「ルナディウム」 を強化した新規ダンジョン「勇士のルナディウム」 を
追加した。

主神たちがディーヴァの力を試す為、ルナディウムを基盤にして作った
「勇士ダンジョン」 は、既存ルナディウムが更に力強く再現されている。

こちらの試験をパスした者は、自分の能力を立証する印の中から、
一つを得る事が出来る様になる。

ゲーム朝鮮





●動画



●勇士のルナディウム

既存 「ルナディウム」 インスタンスダンジョンを強化した形態でお披露目した勇士のルナディウムは、
モンスターの配置から配置されたモンスターの能力値、ネームドモンスターの能力値とパターンまで、
全体的に攻略難易度が上向きされたインスタンスダンジョンだ。

ダンジョンを攻略する進行手順や、方式に大きな違いは無いが、
一般ルナディウムよりもパーティー構成員各自が、
もっとはっきりと自分の役目を遂行しなければならない。


勇士のルナディウムは、大きく 3段階パターンに仕分けされる。
1段階パターンと 2段階 分身体 召還、3段階パターンの順に進行されて、
1段階パターンは一般ルナディウムとほぼ等しいが、
2段階 分身体 召還と 3段階パターンでは差異が存在する。


勇士のルナディウムで登場する狂気のグレンダルは、
2段階から 6匹の分身体を召還して、召還された分身体は、
「ここに来るなんて、勇敢ですこと!」 と 「一度遊んであげましょう!」 というセリフを放つ。
この中で、「一度遊んであげましょう!」 と言う分身体を倒せば、次パターンが進行される。


狂気のグレンダルが使うスキルにも、変化があった。
勇士のルナディウムでは、4回の攻撃後、「恨みを抱いた氷結波」 を使用して来て、
引き継いで 「復讐の氷結波」 を詠唱する。

恨みを抱いた氷結波に当たれば、移動速度が減少される為、
状態異常を解除しなければならない。

従って、グレンダルのヘイト値を管理するタンカーは、
隅っこで距離を調節して、「恨みを抱いた氷結波」 と、これによる 「復讐の氷結波」 コンボ攻撃に
気を付けて攻略しなければならない。

また、「強化された寃魂の句」 というスキルも使用して来て、
こちらは被撃時 2万程のダメージを受ける為、適切に生存スキルを使う必要がある。


3段階パターンは、既存のルナディウムと似たり寄ったりだが、
使うスキルが変更されて、さらに多くの部下モンスターが召還される。

3段階パターンで狂気のグレンダルは 「復讐の高速氷結波」 を相次いで使用してくる。
詠唱時間が非常に短い為、タンカーの体力管理に注意しなければならない。

攻略中、亡者の叫びと怒りの雷電連打も相次いで使用してくるので、
こちらにも注意が必要だ。



●勇士のルナディウム攻略報酬

勇士のルナディウム攻略時、向上したグレンダルの装備原型箱と、
熱情の原石などを獲得する事が出来る。


投稿者 (む) : 2014年5月20日 00:00

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :Anonymous(匿名による投稿): 2014年5月20日 09:07 ID: t7wnDwhQ [RES]

使いまわし・・・


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る