守護神長も 30秒 で片付ける 私たち竜族は変わりました
●他サイトヘッドライン
« [噂] 2.0 は 7月以降に延期か?韓国ユーザーに広がる不安 | トップページ | テストサーバー 2.0 「竜界進撃」 アップデート内容案内 »

2010年4月28日

守護神長も 30秒 で片付ける 私たち竜族は変わりました[ AION - 1.9特集 ]

1.9 パッチで要塞戦は多くの変化を経験したし、最大の変化を
指折りなさいと言えば、力強くなった竜族を指折る事が出来る。

AION は天族,魔族,竜族の 3種族対立構図で成り立っているが、
以前の竜族は要塞戦が終わる頃、何匹かの奇襲兵を降下させ、
高みの見物をした傍観者の立場だった。

ドレドギオン艦船自体も力強かったが、攻撃範囲内に近づかなければ
あまり気を使う必要が無い、アビス内のイベント位に考えられて来た。

しかし、最近は力強くなった竜族戦闘兵を召還し、
あっという間に要塞守護神長を片付け要塞を占領してしまう
恐怖の存在として浮び上がっている。

PlayForum





●フォース級の火力を見せてくれる竜族戦闘兵

最近テストサーバーでは、レジェンド等級の竜族戦闘兵が召還される場合は殆ど無くなった。
要塞竜族戦闘兵たちは 「ヒーロー等級」 となり、フォースの攻撃にも耐えて力強い攻撃力で守護神長を倒すのだ。

各種バフを受けた要塞守護神長を、竜族戦闘兵が倒すのに掛かった時間は僅か 40秒余りだ。
既存の竜族戦闘兵たちが、数は多いが相対して見るに値する位の能力値を見せる事と違い、
2 ~ 4匹位のとても力強い竜族戦闘兵が召還される。


現在の状況では、竜族戦闘兵が守護神長と戦闘をし始めれば、防衛は殆ど不可能な状態だ。

竜族戦闘兵の防御力と生命力がおびただしいから、フォース単位の攻撃でも倒すのに長期間が必要となる。
竜族の要塞占領を阻む為の現実的な方法としては、
タンカーたちが竜族戦闘兵の攻撃を要塞中間で受けながら堪えるしかない。

しかし、相手種族がこれをそのまま時間をかけて見ている訳が無い為、
竜族戦闘兵が登場すれば、要塞は竜族の借地になっている状況だ。


●竜族によって合わせられる勢力不均衡

1.9 パッチで竜族が力強い姿をお披露目する理由として、いくつかの理由が考えられる。

まず、種族間勢力の不均衡をシステム的に調律する事だ。

アイオンには勢力比による税金が存在する。
該当種族が保有した要塞の数が多い程、勢力比が増加し、税金が低くなり、
NPC との取引時に購入金額が減少する。
即ち、占領した要塞が多い程、潤沢な生活を楽しむ事が出来るのだ。

反対に、人口数や要塞戦参加者の不足で勢力比が劣勢である場合は、
相手種族に比べて高価に品物を購入しなければならない。
こんな要塞保有数による不均衡は、竜族が要塞を占領する事で、ある程度均衡を成す事が出来る。

要塞占領による利益も再分配出来る。
ドレドギオンの竜族戦闘兵は、ヒーロー等級の力強さを見せてくれるが、
防衛に参加する竜族はそうでは無い。
その為、長期間防衛が続く要塞を竜族が占領すれば、
次の要塞戦で勢力が劣勢である種族が攻城に成功する確率も、もっと上がる。

一種族だけ要塞を繰り返し的に占領する様になれば、劣勢である種族は要塞戦に参加する人口が減り、
要塞ダンジョンに入場する事が出来る機会も少なくなる。
これは該当の種族の人口数にも影響を及ぼし、結局人口不均衡サーバーを生む様になる。
竜族は、これを調律してくれるシステム的な装置と見られる。


●2.0 竜族の試験舞台

1.9 パッチは新規地域である竜界に進撃を準備する過渡期的な性格のアップデートが主だった。

両手武器合成,衝撃解除と新規スキル追加等は、ユーザー達の能力値に多くの変化を呼んで来たし、
これを通じて竜界で登場する竜族たちの力強さを予想する事が出来る。

新規地域である竜界はまだ検証されない新規コンテンツが多数導入される場所だ。
新しい試みである地上型アビスと、変わる要塞戦システム等はNCソフトとしても大きい冒険だと言える。

今、登場しているヒーロー等級の竜族戦闘兵は、このシステムを試して見る為の布石だと思える。
フォース単位の戦闘を通じて、自然に竜族の能力値を試して見て、
近付くパッチを準備する事が出来る最適の試験舞台が要塞戦であるという事だ。



だが、竜族の要塞占領が当たり前になる頃、一刻では竜族の力強さに対する不満が出ている。
一旦竜族戦闘兵が召還されればお手上げで、要塞を占領されてしまうからだ。

しかし、竜族が要塞を占領する事で、人口不均衡サーバーも勢力費の均衡を成す事も出来るのは事実だ。
竜族の要塞占領は、サーバーの均衡を合わせる為の必要悪だと思われる。

初期に公開されたドレドギオンが凄まじい攻撃力で難攻不落の存在として浮び上がりながら、
ユーザー達の多くの関心を受けた様に、2.0 の竜族が力強い姿でユーザー達の挑戦意志を
高める事が出来る事を期待している。

投稿者 (む) : 2010年4月28日 18:14

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :匿名: 2010年4月29日 15:58 ID: eyWn0jWs [RES]

例えば
天80% 魔10% 竜10%だとしたら、ドレドギがきて落としても、
天60% 魔10% 竜30%になって、魔の要塞が増えるわけじゃないですよね
んで次の要塞で竜から取り返すにしても、天と魔で奪い合いになるわけだから、
当然劣勢種族は負けて、また元に戻るだけなような気が・・・
竜が味方になってくれない限り、意味はない気がする


2 :匿名: 2010年4月30日 10:23 ID: M9PQNSVQ [RES]

そこまで甘えるのもどうかと思うけど
劣勢側がつらいのは良く分かるけどね


▲ TOPに戻る

コメントしてください



「投稿」を押してから書き込み完了まで多少時間がかかります。
2回「投稿」ボタンを押してしまうと多重書き込みになりますので、
ページが切り替わるまで、そのままの状態でお待ち下さい。


●投稿のルールについて
次に該当するコメントについては削除あるいはIP規制する場合があります。予めご了承下さい。
・誹謗中傷、不快な発言、公序良俗に反する表現を含むもの
・エントリーの内容と全く無関係のもの
・騙り、釣り、偽りと見られる投稿で荒れる原因になり得るもの
・あきらかに特定の個人、企業、商品などの広告・宣伝あるいは幇助・推薦を目的とするもの

●コメント欄について
・「>>番号」を使うことで、該当番号のコメントにリンクを張ることが出来ます。

●名前欄について
・名前を入力しない場合「Anonymous(匿名による投稿)」になります。

●スパムフィルタについて
・スパム対策を施しています。エラーが出たら規制されてます。

ルールを守り、モラルのあるコメントの投稿をお願い致します。

▲ TOPに戻る