要塞戦時間にIDパーティーを求めれば逆賊になる?
●他サイトヘッドライン
« 一方的な要塞戦!明け渡さなければ攻城が出来ない! | トップページ | 12月 9日付 テストサーバーアップデート案内 »

2009年12月 7日

要塞戦時間にIDパーティーを求めれば逆賊になる?[ AION - 1.5特集 ]  

●要塞戦の急激な変化!

要塞戦強化アップデートが成り立ってから半月余り。
防衛戦報償が追加され、防衛の為の各種ルールが変更されて、
各サーバーでは防衛戦が活発に成り立っている。
中には防衛に成功する所や、防衛に失敗する所もあった。


新しい局面を迎えた要塞戦!

防衛が活発になったという事は確かに肯定的な変化である事実!
しかし、その変化の陰に、もう一つの問題が蔓延っていた。

●要塞戦に参加しなければ逆賊?

ゲーム朝鮮





週末を除いて、平日,大部分の要塞戦は夕方時間に勃発する。
大部分のユーザー達は夕方時間に早く要塞をクリアして、
それぞれインスタンスダンジョンを回る事が一般的な流れだった。
もちろん、この様な流れ自体が変わった事では無い。

ただ、攻城戦と防衛戦をしなければならない時間が、たった 30分であるが、少し長くなった。
しかし、この 30分の防衛に関して、負担になるというユーザー達がいる。
要塞戦に大きな関心が無いユーザー、或いは、まだ要塞戦を楽しむ時間的余裕がないユーザ-、
或いは、要塞戦を楽しむ要因にならないユーザー達がそうだ。


こんな状況が嫌なユーザーも確かにいる

要塞戦時間にも確かにパーティーを求める人々が存在する。
これは同じ種族のユーザーが勲章を得る為にライバルとなる既存の要塞戦では
大きな問題にならなかったが、防衛戦が活発になり、一人の力でも惜しくなった今、
少しの摩擦が生じ始めた。

既存の 「要塞巡り」 水準から脱して、種族間の力の戦いが始まった為、
当然戦闘には実質的な報償以外に自尊心の問題が掛かる。
攻城に成功する事が出来なければ、インスタンスダンジョンに入れなくなる為、
24時間の間の楽しみにする事が一つ減る様になるし、
防衛に成功する事が出来なければ、楽しみを奪われる気がする様になる。

すなわち 「私はこんなに苦労してるのに、あの人々は何なんだ?」 という心理が作用するのだ。
攻城失敗、防衛失敗でもするというのなら、その心は矛となり、誰かを狙う様になる。

「さあ、力を出して次には必ず成功しましょう!」

そう言う風になれば問題は無いのだが、人である以上、失敗したことに対する原因を捜そうとし、
この渦中に参加しない人々に対する恨みが芽ぐむ様になるのだ。


敗戦するならその理由を捜す様になる

結果的に要塞戦勃発時間になって、インスタンスダンジョンの募集を始めたら、
その人員は晒し上げる対象となり、酷い場合は実際紛争が生じたりする。
有名なレギオンの人員ならば、さらにその傾向が強い。
テストサーバーでは、防衛を主催するレギオンの大元がインスタンスダンジョンに入っていた事が暴露され、
論議になった事例も発生した。

ただ一人参加をしなければ利得だった既存の要塞戦とは違い、
一人でも多く参加して、敵の攻撃を受け止め、また敵を退けなければならない今の要塞戦。
急激な変化が成り立った為、この様な問題もますます酷くなっているのが事実だ。

結局何がいけないのかというと、
「種族全体の仕事に無関心で、個人の仕事を優先視した」
と言うのが問題なのだ。


個々の要塞戦は終わり、もう種族全体の事案になった

実はこの様な問題は種族全体に影響が行く大規模戦争があるゲームではよく見られる問題だ。
そして、これは解決されない争いだという事も分かっていたりする。

それなら要塞戦に参加せず、インスタンスダンジョンに行く人々は
本当に自分しか分からない人々なのだろうか?もちろんそうでは無い。

時間的な問題、環境の問題でその時間を投資する事が出来ない人もいて、
また、初めから要塞戦自体で得る事が出来る利得に目的が無い人もいる。
そして、毎日参加したが、今回は休みたいという人も、もちろんあり得る。

しかし、要塞参加者は、こんな事情一つ一つ思っても、攻城失敗,防衛失敗に対する打撃は大きい。
スキルさえまともに使用が不可能な酷いラグ,相手種族との神経戦,各種ポーション,スクロール…
そこに勲章報償と要塞インスタンスダンジョン、この全ての要因を犠牲にしてまで、
参加否定者を思いきり良く見られないのだ。

一方が成功したら一方は必ず失敗する様になっている要塞戦の攻防。
自然に摩擦を避ける事は出来なくなった。


●これは要塞戦が定着化される変化中の一つ!

この様な紛争は、実は RvR ゲームでは格好良い現象だ。
実は今までのアイオンでは、相手種族に対する敵意はあったが、
自分の種族に対する所属感は少ない事が事実だった。
種族単位で団合しなければならない仕事も極めて少なかった。


ビジョン映像で新しく公開された大規模攻城戦!これもまた変化の一環だ

しかし、目的をどうしたと言っても、アイオンはますます同じ種族の力を要する様に変化しており、
これを通じて、まともにプレイする事が出来る RvR の基盤を用意する様に見える。

変化の時期に置かれているアイオンと、そしてこれを楽しむユーザー達。
今はラグで疲れ、病いを病んでいるが、このまま続いてラグに対する補完が成り立ったら、
気持ち良い変化を期待する事が出来ないだろうか?

投稿者 (む) : 2009年12月 7日 10:25

▲ TOPに戻る

関連するかもしれない記事


コメント


1 :匿名: 2009年12月 7日 22:22 ID: VSxiZOAs [RES]

これほんとにゲーム?(´・ω・`)
やっててすごく辛そう…。


2 :匿名: 2009年12月 8日 07:28 ID: FuIdCA7Q [RES]

名声装備に勲章使わないで、要塞ID進行に使えるようにしたら
万事解決だと思うんだけど。ID内のAP品は運要素多いから
最後に均等配給とかにして・・


3 :匿名: 2009年12月 8日 09:10 ID: F73GN6PA [RES]

勲章いらないってw
ますますID巡りゲーだな